もえもんたちと共に

『萌えっ娘もんすたぁ 鬼畜3RdX+』のプレイを綴っていきます。いつだって、もえもんたちと共にあらんことを。2019/6/29ブログ開始、2019/10/22《もえもんマスターへの道》完結、新章を3日おきに更新中!

キクコ対策【四天王】

《もえもんマスターへの道》編 24.5

 

こんにちは、こんばんは、りんご太郎です🍎

 

 

 

これさぁ…、リーグ挑戦前のパーティ選出の時に相手全員の対策しといた方が、絶っっ対に良かったよね……

 

 

 

 

 

 

 

 

四天王・キクコ対策

 

タイプ    『ゴースト』

 

予想レベル    65〜69

(1人目の四天王・カンナのもえもんのレベルが61〜65

2人目の四天王・シバのもえもんのレベルが63〜67)

 

予想手持ち

ミカルゲ        ユキメノコ

ヨノワール    ゲンガー

デスカーン    ブルンゲル

 

 

 

 

 

ミカルゲ

ゴースト・あく

50-92-108-92-108-35    プレッシャー/すりぬけ

 

弱点が『フェアリー』タイプのみで、だいたいのもえもんを受けることができるので初手予想

 

某地方のチャンピオンも初手に使ってるし、『あく』『ゴースト』タイプ対策にもなりえるからね

 

 

 

これは他の『ゴースト』タイプもえもんにも言えることだけど、とにかく変化技が豊富で何をしてくるか分からない

「のろい」→「いたみわけ」

「さいみんじゅつ」→「ゆめくい」

「あやしいひかり」→「かげぶんしん」

「どくどく」→「まもる」「みがわり」

「おにび」「でんじは」「おきみやげ」「トリックルーム」

 

 

 

……じゃあどうすればいいの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

積みまくって全抜きすればいいのさ!!(2回目)

 

 

 

…という訳で今回のプランは、

「ちょうはつ」で起点つくってセイリーンで龍舞して全抜き

です

 

今考えてる理想ムーブは、

初手アイネで「あくび」→「ちょうはつ」→セイリーンに交代して龍舞→「ちょうはつ」→龍舞→全抜き

 

 

 

 

 

ユキメノコ

こおりゴースト

70-80-70-80-70-110    ゆきがくれ/のろわれボディ

 

カンナ戦では、こいつの雪がくれ粉分身型をずっと警戒してた(いなかった)

 

今回はまさか「あられ」してくることはないと思うから、純粋に『ドラゴン』対策の速いもえもんとして出てくると予想

 

「かみくだく」でワンパン

 

 

 

 

 

ヨノワール

ゴースト

45-100-135-65-135-45    プレッシャー/おみとおし

 

HBDのどれかに振るだけでかなりの耐久ラインを持つことになる

 

こいつは普通に攻撃型だと思うので、「ちょうはつ」せずにセイリーンで確2を取りにいく

 

 

 

 

 

ゲンガー

ゴーストどく

60-65-60-130-75-110    ふゆう

 

キクコさんのエース(Lv.69)

 

技構成は多分「シャドーボール」「ヘドロばくだん」「きあいだま」@1

 

こいつまで変化技を入れていると、パーティ全体の火力があまりに足りなくなるのでフルアタ予想

 

「おくびょう」なら弱点をつかれない限りこっちのもえもんは1発耐えれるが、技が未知数なのと火力アップアイテムを考慮すると、対面から片付けるのは厳しい

 

やっぱりセイリーンで2龍舞して完全に上をとる(1龍舞だとひかえめスカーフ型のケアができない)のが最善か

 

 

 

 

 

デスカーン

ゴースト

58-50-145-95-105-30   ミイラ

 

圧倒的物理耐久を利用した害悪耐久型

 

A+2のセイリーンなら、デスカーンがHB特化してても確2がとれる(個体値0でもいける)

 

ただ、1回は行動を許してしまい、そのタイミングで「のろい」とか「おにび」を打たれるとまずいので「ちょうはつ」した方がいい

 

 

 

 

 

ブルンゲル

みずゴースト

100-60-70-85-105-60    ちょすい/のろわれボディ

 

特殊型の技範囲は広いが、物理耐久は並なので「かみくだく」で押せる

 

特性でセイリーンがのろわれるとめんどくさい

 

 

 

 

 

 

 

 

以上

 

積んだからといって無闇に突っ込まず、冷静に戦況を見ないといけない

 

 

 

今日はここまで

明日もLet's もえもん!